お客様の声

熊本県阿蘇郡小国町  工藤さん

キュウリ収穫作業
キュウリ・イチゴのハウス
イチゴ植付作業

栽培作物       : キュウリ、イチゴ
栽培面積       : キュウリ(4反)、イチゴ(2反)
トライして頂いた作物 : キュウリ
使用商品       : みのりん灌注剤

農業に40年以上携わる大ベテランの工藤さんですが、これまでの道のりは、苦悩の連続だったそうです。26歳の時、農業の道で食べていこうと脱サラを決意され、何も知らないところからスタートされました。当時は、今のように農業に関する情報もなく、経験と勘だけが手がかりの時代でした。経験も知識もない工藤さんは、失敗を繰り返しながらも、手さぐりで農業の道を切り開いて行かれました。いろいろな作物に挑戦し、農業の勉強とあらば、日本各地どこへでも出かけていき、納得いくまで勉強されたそうです。そして、自分の目で見、手で触れ、作物の声をきき、さらに農業を深めていかれました。

このインタビューで一番興味を引いた部分ですが・・・
植物の成長は、太陰暦(旧暦)と大きく関係しているとおっしゃっていました。実体験をもとにお話しをされていますので、とても興味を引く話です。根の活着が一番いいのは、満月の日・・・これは、植物の根が一番よく動く(発根が活発になる)からだそうです。満月の日から逆算して、4~5日前に定植をすると間違いなくうまくいくそうです。根の活着が良いという事は、当然ながらその後の成長も格段に良くなるわけです。そして、葉がよく動くのは、新月の日
このことを利用して、葉面散布と土壌灌注を使用する日を決めているそうです。

今回、キュウリに『みのりん灌注剤』を使って頂きました。
結果は・・・

土壌灌注4~5日後、キュウリの様子が一変したそうです。キュウリのツルが斜め45度に勢いよく伸びはじめ、明らかに元気に成長していることが実感できたそうです。
今後は、『みのりん土壌灌注剤』に加え、『みのりん葉面散布剤』もしていただけるとの事。キュウリがますます元気に育っていくことを期待しております。


忙しい中のインタビューありがとうございました。また、伺わせていただきます!

 

 

取材日 2011.09.27

 おすすめ商品

家庭菜園・ガーデニングに ジョーロに1本入れるだけ「みのりんミニ」
早く・大きく・おいしく「みのりんG」
尻ぐされ・茎葉を強く「みのりんCa」
日照不足の解消に「みのりんMg」
花芽をつけたい時に「みのりんP」
土壌改良剤「みのりんペレット」使いやすい粒状
有機JAS みのりん葉面散布剤
根張り・土壌改良に「みのりん土壌灌注剤」
代理店募集

  お問合せ

株式会社ハヤミ産業

 大分県大分市

       大字種具1092-1 

TEL: 097-535-8180

FAX: 097-535-8185

お問合せはこちら